園長あいさつ

 
 

 
 

 東京都教育庁指導部より、園長として着任いたしました、宮﨑 直人(みやざき なおと)と申します。小学校の教員として、20年間教鞭をとった後、東京都教育委員会の事務局として、教育行政に10年間携わりました。これまでの経験を生かし、赤羽幼稚園の子供たちが生き生きと生活できるよう頑張ります。よろしくお願いいたします。

 本園は、教育目標を、

○  人や自然を愛し、心の豊かな子        「やさしい子」

○  好奇心をもち、進んで考え、創意工夫する子  「考える子」

○  健康で明るく、素直に言葉や態度で表現する子 「元気な子」 

として、人権尊重の精神を基調とし、健康で知性と感性に富み、たくましく生きる人間性豊かな幼児の育成を目指します。

そして、「あいさつ・返事・ありがとう・しっかり聞いて・ていねいに行う」を赤羽小学校と共通した指導とし、遊びや活動を通して「生活する力」、「発見・考え・表現する力」、「かかわる力」を育み、就学を見通した指導を行います。

幼稚園の園歌には、空に向かって大きく伸びる「むくのき」が登場します。

むくのき たかいき おおきなき どんどんのびろ どこまでも

むくのき つよいき やさしいき ぐんぐんのびろ いつまでも

この「むくのき」のように、子どもたちが、ぐんぐん育ってほしいと願っています。

教職員一同、「チーム赤羽」として、子供たちのために、全力で職務にまい進してまいります。

また、子供たちの健やかな成長には園と家庭との密接な連携が欠かせません。家庭や地域との絆を深め、しっかりと手を携えて進めていきたいと考えております。保護者の皆様、地域の皆様、温かいご支援とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。